プログラミングに関する情報を中心に、デザイン、ライフハックなどの記事を更新していくブログです。

ユウマのブログ

〜 無料体験可能なプログラミングスクールはコチラ 〜

プログラミングスクール

【無料体験あり】おすすめプログラミングスクール6社を徹底比較!

PROGRAMMING SCHOOL

プログラミングが注目される様になってから、エンジニアではない人(もはやIT関連の職業でもない人)が、プログラミングスクールについて解説している記事を頻繁に見かけるようになりました。

これは言い換えると、

  • 料理をしない人が、美味しいレシピについて解説する
  • サッカーを経験したことない人が、サッカーの上達法について解説する
  • 太っている人がダイエット法について解説する

といったものと、全く同じ様なことでしょう。

当記事では、Web系ベンチャー企業で働く"現役エンジニア"の僕が、オススメのプログラミングスクールについて徹底比較・解説していきたいと思います。

当記事の信頼性

僕自身プログラミング未経験の状態から、独学+プログラミングスクールでの学習期間を経てエンジニアへと転職しています。これまでプログラミング学習に掛けた費用は、スクール・書籍・Webサービス・動画教材含めて100万円以上。当記事ではスクール紹介とは別に、僕の経験や知識を加えて記事を構成していますので、当記事が、過去の僕と同じ様にこれからエンジニアを目指している人のお役に立てればと思います。

プログラミングスクールを選ぶ前に抑えておくべき3つの注意事項

プログラミングスクールを選ぶ前には、必ず抑えておくべき3つの注意事項があります。

この注意事項を意識せずスクール選びをしてしまうと、後々とんでもなく後悔することになりかねないので、軽くでも目を通しておいて下さいね。

受講料金が完全無料のプログラミングスクールは基本的に避けるべき

無料プログラミングスクールは避けるべき

プログラミングスクールの中には、入学金や受講料が一切掛からないというスクールも存在しています。

そんな無料スクールを見て、「費用を掛けずにプログラミングを学べるなんてラッキーだ!」と思った人は要注意。

無料プログラミングスクールは、あくまでもボランティアではなく "一事業として" 運営されています。事業として運営している限り、収益源はどこかに確保しているということです。

結論をお伝えすると、無料プログラミングスクールは主に「人材紹介料」で成り立っています。

スクール受講者をIT系企業に流し、受講者が採用されると報酬がスクール側に支払われるという仕組みです。

無料プログラミングスクールの仕組み無料プログラミングスクールの仕組み

これだけ聞くと「受講者は無料で学習&転職できるし、スクール側も報酬を貰えるしでお互いwin-winの関係じゃない?」と思うかもしれません。

しかしこの"紹介先"が問題なのです。基本的に、無料スクールでは採用決定率を高める為に、スキルのない人でも簡単に入社できるような企業へと受講者を流すことが多いです。

つまり自社開発企業や受託開発企業ではなく、「SES企業」のことを指します。

ココに注意

無料スクール経由の転職先は、大半がSES企業である

SES企業は、人が増えれば増えるほど会社の利益が上がる仕組みになっているかつ、そもそも業務自体に高い能力を必要としていない場合が殆どなので、基本的にプログラミングスキルが皆無でも入社できるのです。

誰でも入れるかつ高い能力を必要としない = 自身の成長が見込めない。ということになります。

そして、スクールで指定された企業への面談・内定を辞退したり、入社後すぐに辞めてしまった場合、違約金が発生することが殆どです。

ココに注意

紹介先企業への就職を辞退したり、すに辞めると違約金が発生する場合も

無料スクールを受講するぐらいであれば、独学で学習を積み上げ、自らの目的を達成した方が良いと言えるでしょう。

プログラミングスクールの誇大広告に惑わされないこと

混乱している人

  • 「未経験でも簡単にエンジニアに転職できる!」
  • 「エンジニアに転職すれば今より年収を上げられる!」
  • 「エンジニアになれば年収1000万も夢じゃない!」
  • 「未経験からフリーランスエンジニアへ!」

あなたは上記のような文言を、スクールの広告やLP等で見かけたことはないでしょうか…?

確かに、2020年現在エンジニアの需要はとても高く、深刻なエンジニア不足と言われています。

その為「簡単に転職できるんじゃないの?」だとか、「エンジニアに転職すれば収入も増えるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、一部の優秀な人を除いて、そんなことは全く無いと言えるでしょう。

誇大広告に惑わされる人プログラミングスクールの誇大広告を鵜呑みにしないこと

もちろん学習や実務経験をしっかり積み上げていった先には、収入の向上や、時間・場所の自由を確保できることは確かです。

しかしこのような謳い文句に当てはまるのは、あくまでも実務経験のある"できる"エンジニアの話であって、実務未経験のエンジニアのことではないのです。

ココに注意

エンジニア不足 = 経験のあるエンジニアが不足している

その為、スクールを卒業すれば簡単に転職できるだとか、エンジニアに転職すれば確実に年収が上がるだとかの、甘い考えは持たないことをオススメします。

各スクールの広告ではこのような誇大広告を様々な媒体で流すことがありますが、素直に受け止めまんまと惑わされない様にしましょう。

目指すキャリアと学ぶプログラミング言語を決めること

目指すキャリアを決める

間違った考え

「AIエンジニアになりたい!このスクールでRubyを全力で学ぼう!」

上記は極端な例ですが、目指すキャリアと学ぶプログラミング言語を明確化しておかないと、自身の目的とは違った方向でスキルアップしてしまいます。
※ちなみにAIエンジニアを目指すならPythonを学ぶべき。

とはいえ、「とにかくプログラミングを学びたい!」というように、目指すキャリア・目的が定まっていない人にとっては、何の言語を学べばいいのかを決めることが難しいでしょう。

そんな方は各プログラミングスクールで、無料相談(カウンセリング)を受けながら、目的を明確化することをオススメします。

自分一人で考えるよりも、現役のエンジニアやキャリアアドバイザーの方に、ヒアリングをしてもらいつつ考えた方が遥かに効率的です。

とりあえず人気の言語を学んでおけば良い!という人もいますが、本当にやりたいことへ向かって直線的に学習することができず、回り道をしてしまう可能性が高くなります。

まずは学習前に、目指すキャリアと学ぶプログラミング言語をしっかり決めておくことが重要です。

【忙しい人向け】当記事内のプログラミングスクール6社の比較表

忙しい人向けに、当記事内で紹介しているプログラミングスクールを表でまとめました。各スクールの費用感や受講期間、無料体験・相談(カウンセリング)の有無で比較してみて下さい。

公式サイト 無料体験 無料相談 料金目安 ※1 受講期間
TechAcademy 174,900円(税込)〜 最短1ヶ月 〜 最長4ヶ月
CodeCamp 198,000円(税込)〜 最短2ヶ月 〜 最長6ヶ月
侍エンジニア塾 140,800円(税込)〜 最短1ヶ月 〜 最長6ヶ月
RaiseTech 298,000円(税込)〜 最短2ヶ月 〜 最長4ヶ月
TECH CAMP - 217,800円(税込)〜 最短1週間 〜 無期限 ※2
DMM WEBCAMP - 220,000円(税込)〜 最短1ヶ月 〜 最長4ヶ月

※1. 料金目安は「2021年3月時点」での各スクール内の一番安い受講期間・コースの料金を記載しています。
※2. プログラミング教養という月額式コースの場合に限り、受講期間は任意継続(無期限)となります。

優良プログラミングスクール6社を比較紹介

当記事でご紹介するプログラミングスクールは、無料体験+相談が受けられるスクール4社と、無料相談のみ受けられるプログラミングスクール2社の合計6社で構成されています。

それでは早速、各スクールを順に見ていきましょう。

TechAcademy

TechAcademy画像出典元:TechAcademy

TechAcademy 概要
料金目安 174,900円(税込)〜
受講期間 最短1ヶ月 〜 最長4ヶ月
受講形態 オンラインのみ
無料体験 1週間の無料体験
学習言語 HTML・CSS / JavaScript / jQuery / Vue.js / Ruby / Ruby on Rails / PHP / Larave / Java / Python / WordPress / Scala / Node.js / Swift / Kotlin / Unity / Solidity / Google Apps Script

TechAcademyはオンラインのみに特化したプログラミングスクールで、オンラインスクールの中では業界最大級の1社です。

学べる言語も他スクールと比較すると断トツで多く、目指すキャリアや目的に応じて幅広い選択肢の中から、言語やコースを選ぶことができます。

TechAcademyの無料体験は1週間の期間が設けられており、期間中は下記の特典を体験できます。

TechAcademy体験内容

  • メンタリング体験
  • 毎日8時間のチャットサポート(毎日15時〜23時)
  • 回数無制限の課題レビュー
  • 体験用オンライン教材の利用
ユウマ
完全無料かつ1週間の間、ここまでの内容を体験できるなんて大盤振る舞いです!

TechAcademyで無料体験を受ける

CodeCamp

CodeCamp画像出典元:CodeCamp

CodeCamp 概要
料金目安 198,000円(税込)〜
受講期間 最短2ヶ月 〜 最長6ヶ月
受講形態 オンラインのみ
無料体験 無料体験+カウンセリング(所要時間:40分)
学習言語 HTML・CSS / JavaScript / jQuery / Ruby / Ruby onRails / PHP / Java / Python / WordPress / Swift

CodeCampでは、受講者の目的別に学ぶ言語を絞った各コースと、必要な言語を必要な回数分自由に選んで学べるコースがあるのが特長です。

週2〜3回講師とのオンラインマンツーマンレッスンが受けられ、2ヶ月コースで148,000円〜と、価格もかなりリーズナブルな設定となっています。

無料体験では40分間の講師とのマンツーマンレッスンを受けることができます。

ユウマ
ちなみに、過去に僕もCodeCampの無料体験を受けたことがありますが、終始親切丁寧に対応していただき、無駄な勧誘も一切なく好印象でした。

CodeCampで無料体験を受ける

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾画像出典元:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾 概要
料金目安  140,800円(税込)〜
受講期間 最短1ヶ月 〜 最長6ヶ月
受講形態 基本はオンラインのみ(希望する場合、別料金で対面レッスンが受講可能)
無料体験 無料体験+カウンセリング(所要時間:90分)
学習言語 オーダーメイドカリキュラムが用意されており、各受講者の目的に合った言語学習が可能

侍エンジニア塾では、コースの1つである「エキスパートコース」で、各受講生の希望に合わせたフルオーダーメイドのカリキュラムを受講することができます。

通常他のスクールでは、全ての受講生が同じ教材を進めていくのが普通なので、プログラミングスクールでのオーダーメイドカリキュラムはとても珍しいと言えるでしょう。

一番下のコースは4週間(1ヶ月)の受講期間で設定されており、価格は入会金と合わせて 128,000円〜とリーズナブルな設定です。
※オーダーメイドカリキュラムは「エキスパートコース」でのみ受講可能。

侍エンジニア塾では、無料体験に参加するだけでAmazonギフト券+電子書籍を貰うことができるという嬉しい特典が付いています。

侍エンジニア塾で無料体験を受ける

RaiseTech

RaiseTech画像出典元:RaiseTech

RaiseTech 概要
料金目安 298,000円(税込)〜
受講期間 最短2ヶ月 〜 最長4ヶ月
受講形態 オンラインのみ
無料体験 2週間のトライアル受講
学習言語 HTML・CSS / JavaScript / WordPress / PHP / Java / Spring / AWS

RaiseTechはオンライン上でのグループレッスンがメインの、プログラミングスクールになります。

週に1度、2時間程のグループレッスンを行い、レッスン後講師から与えられる課題をこなしていく。といった受講形式です。

グループレッスン時や課題取り組み時に、分からなくて躓いた...という人には、別途マンツーマン体制で補講を行ってくれるので安心です。

RaiseTechでは、各コース2週間の無料トライアル期間を設けており、期間中は実際のレッスンや課題を体験できます。

RaiseTechで無料体験を受ける

TECH CAMP

TECH CAMP画像出典元:TECH CAMP

TECH CAMP 概要
料金目安 217,800円(税込)〜
受講期間 最短1週間 〜 無期限 ※1
受講形態 オフライン / オンライン
無料体験 無料カウンセリング(所要時間:60分)
学習言語 HTML・CSS / JavaScript / jQuery / Ruby / Ruby on Rails / Python / AWS

※1. プログラミング教養という月額式コースの場合に限り、受講期間は任意継続(無期限)となります。

TECH CAMPはオフライン・オンラインのどちらにも対応した、超大手プログラミングスクールです。

ユウマ
ちなみに僕は、このプログラミングスクールに通っていました!

期間を決めず任意で学習を継続できる「プログラミング教養」や、1週間でWebサービスの仕組みを理解する為の「イナズマ」、短期間でのスキル習得&転職を目的とした「エンジニア転職」など、目的別にコースや料金設定が分かりやすく分かれています。

体験はありませんが無料カウンセリングを受けることができ、主に今後のキャリアについて相談することができます。

TECH CAMPに関しては、各コースや受講内容について詳細にまとめた記事があるので、受講を検討している方はぜひコチラもご覧下さい。
>> テックキャンプの評判は最悪?!各コースの特徴・口コミ総まとめ!

TECH CAMPで無料カウンセリングを受ける

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP画像出典元:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP 概要
料金目安 220,000円(税込)〜
受講期間 最短1ヶ月 〜 最長4ヶ月
受講形態 オフライン / オンライン
無料体験 無料カウンセリング(所要時間:60分)
学習言語 HTML・CSS / JavaScript / jQuery / Ruby / Ruby on Rails / Python / AWS

DMM WEBCAMPはコース名こそ違うものの、目的別にTECH CAMPと似たようなコースが提供されており、TECH CAMPとよく比較されるプログラミングスクールです。

ちなみに各コースは、

  • DMM WEBCAMP COMMIT・・・短期間でのスキル習得及び転職を目指すコース
  • DMM WEBCAMP PRO・・・働きながら自身のペースでスキルを習得し転職を目指すコース
  • DMM WEBCAMP SKILLS・・・最短1ヶ月でプログラミングの基礎を理解する為のコース

といった位置づけです。

DMM WEBCAMPでは無料体験はなく、カウンセリングのみ受けることができます。

DMM WEBCAMPで無料カウンセリングを受ける

各スクールで無料体験・相談を受ける前に

リスト化

各スクールで無料体験・相談を受ける場合は、事前に聞きたいこと全てをリストアップしておきましょう。

ココがポイント

スクールの無料体験・相談を受ける前に、聞くことをまとめる

せっかく完全無料で現役エンジニアやキャリアアドバイザーに何でも聞けるのですから、この機会を思う存分有効活用することをオススメします。

何を聞けばいいか分からない...という人の為に、下記に聞いておくべきことリストを用意しました。ぜひ参考にしてみて下さい。

  1. カリキュラムの具体的な内容について
  2. スクール卒業後のレベル感について
  3. 効率的な学習方法について
  4. 学習を悩んでいる言語(例えばRubyとPHP)の違いについて
  5. キャリア設計について
  6. 受講者の転職先について
  7. サポート内容について
  8. 掛かる料金の総額や返金制度について
  9. 今現在独学で躓いている箇所について
  10. 各コースの詳細について

最後に

当記事では、無料体験・相談有りのオススメプログラミングスクール6社について、ご紹介しました。

今回ご紹介したスクールは下記の通りです。

独学でもプログラミングを学習することはできますが、学習手順が明確化されている+メンターにいつでも相談できる環境が整っているスクールを利用した方が、独学に比べ遥かに効率的に学習できます。

各スクールの体験や相談(カウンセリング)でスクールの雰囲気を見てみて、自分に合いそうだなと思ったら受講を検討してみてもいいかもしれませんね。

ユウマ
もしスクールを受講するにあたって不安なことや悩みがあれば、僕のTwitterへDMを送っていただければお答えするので、お気軽にご連絡下さい。

-プログラミングスクール

© 2021 ユウマのブログ