〜 無料体験可能なプログラミングスクールはコチラ 〜

プログラミングスクール

プログラミングスクールで失敗してしまう人の4つの特徴とは?

programming-school-failed
プログラミングスクールに通いたいけれど、失敗するのが怖くて中々一歩踏み出すことができない…
考える人

プログラミングスクールで本格的に学習を積みたい!とは考えているけれど、スクール受講はコストがそれなりに掛かるし、失敗を恐れて今一歩受講の申し込みをできずにいる。

そのような方は、きっと多いのではないでしょうか?

元々人間は「変化を嫌う生き物」と言われているため、新しい環境へのチャレンジ + 失敗に対する恐れで、現状から動けずにいる人の気持ちは良く分かります。

ユウマ
僕も過去にプログラミングスクール(テックキャンプ)を受講した経験がありますが、受講前はあなたと同じように失敗するのが怖くて、1ヶ月くらいは受講検討を続けていました。

僕の場合は最終的にスクールでの受講を決意し、無事卒業して現在に至る訳ですが、あの時受講を決めて本当に良かったと心から思っています。

この記事では、過去の僕と同じようにプログラミングスクールでの失敗を恐れている方へ向けて、以下の内容をメインに解説していきます。

この記事で解説する内容

  • プログラミングスクールで失敗してしまう人の4つの特徴
  • プログラミングスクールの失敗を防ぐためにやるべきこと
ユウマ
ぜひこの記事を参考に、プログラミングスクールの失敗パターンを知り、あなたの今後に活かして下さいね!

プログラミングスクールで失敗してしまう人の4つの特徴

プログラミングスクール受講で失敗する人は、以下の特徴に当てはまっていること場合がほとんどです。それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

スクールで失敗する人の特徴

  • 事前学習を一切せずにプログラミングスクールを受講する
  • 受け身でカリキュラムのみ受講していれば成長できると思っている
  • 何の目的も持たずにスクールを受講する
  • 価格だけを見てスクール選びをしている

事前学習を一切せずにスクールを受講する

事前学習を一切せずに、プログラミングを0からスクールで受講しようとするパターン。

これは他の特徴と比べて、失敗する確率が段違いで高いので注意して下さい。

「事前学習を行わない = プログラミングって何?」という状態からスタートする訳です。

そのため、いざスクールで学習してみると、思い描いていた理想と現実のギャップで挫折してしまう可能性が非常に高くなるのです。

受け身でカリキュラムのみ受講していれば成長できると思っている

「完全な受け身の姿勢」で、スクールで提供される内容だけを淡々とこなしていれば、勝手に成長できると思っているパターン。

まず第一に、エンジニアを目指すのであれば、このような受動的な姿勢で学習し続けるのは止めましょう。

淡々と言われた通りのことをやっているだけでは、いつまで経っても基礎的なスキルしか身につきません。

スクールはあくまでも、あなたのプログラミングスキルの「土台を作り上げる場所」です。

そして土台よりも更に上のスキルを身につけるためには、あなた自身が自ら進んで学習する努力が必要となります。

何の目的も持たずにスクールを受講する

「あなたはなぜ、プログラミングを学習するのですか?」

この質問に即座に答えられないのであれば、スクール受講は止めておきましょう。

目的を持たずにプログラミングを学習しているのであれば、それはただの趣味と同じです。

明確な目的を持っている人に比べて、目的を持っていない人は「何のためにこんなにしんどい学習してるんだろう...」といった状態に陥りやすいです。

趣味を否定する訳ではありませんが、スクールでの失敗を防ぎたいのであれば、目的を持たずに受講するのは避けましょう。

受講料金だけを見てスクール選びをしている

このスクールは他スクールよりも受講料金が安くてコスパ良さそう...。このスクールでプログラミングを学ぼうかなぁ...?
考える人

このように、受講料金だけに着目してスクールを選んでしまうのも、スクール受講が失敗に終わる1つの要因です。

受講料金が安いからといって受講を決めて、結果的にカリキュラム内容が合わなかったり、運営の対応が悪くて途中でスクールを去る人は大勢いるからです。

いま現在プログラミングスクールは、プログラミング人気と相まって数多くのスクールが運営されています。

その中には受講料金の高いもスクールもあれば、低価格に設定されたスクールも存在しています。

消費者サイドで考えると、コストは極力抑えたい気持ちは分かります。

しかしプログラミングスクールは、あなたの人生を変える価値を秘めている、大きな自己投資の1つだということを忘れないで下さい。

プログラミングスクールの失敗を防ぐためにやるべきこと

失敗してしまう人の4つの特徴を解説しましたが、逆に失敗を防ぐためにやるべきことは何なのか?という点について、具体的な内容をまとめます。それぞれ順番に見ていきましょう。

スクールでの失敗を防ぐ方法

  • スクール受講前に事前学習を一通り行なう
  • 自ら進んで学習する姿勢へと切り替える
  • プログラミングを学ぶ明確な目的を決める
  • あなたに合ったサービス・カリキュラム内容のスクールを選ぶ

スクール受講前に事前学習を一通り行なう

スクール受講前には「必ず」事前学習を行いましょう。

ユウマ
いいですか?しつこくお伝えしますが、これは「必ず」です...!

事前学習にて、プログラミングの概要や全体像をふんわりとでも把握しておくことで、プログラミングに対する理想と現実のギャップを埋めることができるのです。

また事前学習を行なうことにより、スクールのカリキュラムへの理解度が増し、よりスムーズかつ効率的に学習を進めることができます。

幸いネット上には、無料 〜 1,000円前後で学習できる「Progate」や「ドットインストール」などの、初心者向けのオンライン学習サービスが存在しています。

スクールをいきなり受講する前に、最低限これらのオンライン学習サービスを利用して、プログラミングの全体像をザッとでも掴んでおきましょう。

自ら進んで学習する姿勢へと切り替える

エンジニアとして成長していくためには、自ら進んで学習する姿勢が非常に重要です。

例えスクール受講中に学習を頑張ったとしても、卒業後に学習を継続しなければ、あなたのスキル感はいつまで経っても向上しません。

自己学習を怠っていては、その内あなたよりも後にプログラミングを始めた学習意欲の高い人に、あっという間に追い越されてしまうでしょう。

そうなってしまわないように、スクール在学中・卒業後問わず、自ら進んで「技術情報のキャッチアップ + 自己学習」に励むことを強くオススメします。

プログラミングを学ぶ明確な目的を決める

  • なぜ、プログラミングを学習するのか?
  • なぜ、プログラミングスクールを受講するのか?

これらの質問に対する答えを、あなたの中で明確化しましょう。

目的を明確化することにより、精神的に揺らぐことなく、目的達成のために学習を継続することができます。

一例として僕の場合、スクール受講時点では以下のような目的を持っていました。

目的の一例:僕の場合

  • なぜ、プログラミングを学習するのか? → エンジニアへと転職するため
  • なぜ、プログラミングスクールを受講するのか? → 4ヶ月以内に0からエンジニアへの転職を成功させるため

目的が明確でなければ、学習の意味を見失って挫折を招きかねません。

スクール受講前には受講目的を必ず決めましょう。

あなたに合ったサービス・カリキュラム内容のスクールを選ぶ

受講料金が安いからという理由だけで、スクールを決めるは避けるべき行為です。

しかしここで注意していただきたいのが、「低価格のスクールは劣悪で、高価格のスクールなら安心」という訳では決してないということ。

低価格のスクールでも良いスクールはありますし、逆を言えば高価格のスクールでも劣悪なスクールは存在します。

受講料金の大小問わず、あなたの目的に合ったサービス・カリキュラム内容を提供しているスクールを選びましょう。

例えば僕の場合は、数あるスクールの中から「テックキャンプ」を受講しましたが、選んだ理由としては「短期間でエンジニアへの転職を目指せるから」でした。

目的と一致しないスクールを受講して、受講料を無駄にしてしまうくらいなら、多少コストが掛かったとしても受講料問わず目的に見合ったスクールを選びましょう。

【最後に】失敗リスクを無くした上で行動に移そう!

この記事では、プログラミングスクールで失敗してしまう人の特徴をお伝えした上で、スクールでの失敗を防ぐ方法についても解説しました。

当記事で解説した内容を理解し実践いただければ、スクール受講の失敗リスクを無くすことができるでしょう。

失敗リスクがなくなれば、あとは早めに行動するだけです。

各プログラミングスクールでは、無料体験や無料カウンセリングなどを設けていることがほとんどです。

いつまでも悩んでいるくらいなら、一度スクールの雰囲気を体験してみて、1日でも早く行動に移していきましょう!

ユウマ
過去記事にて僕のスクール体験談なども投稿しているので、興味のある方は、ぜひ合わせてご覧下さいね!

あわせて読みたい

元受講生が語るテックキャンプのリアルな感想
【元受講生が語る】テックキャンプエンジニア転職のリアルな感想【一次情報】

ユウマこんにちは、ユウマ(@yuuuma_11)です。 僕は2019年10月21日よりテックキャンプエンジニア転職(旧テ ...

続きを見る

-プログラミングスクール

© 2021 ユウマのブログ