無料体験可能なプログラミングスクールはコチラ

Java

【初心者必見】Javaが難しいと言われる4つの原因とは?学習の挫折を防ぐ方法も解説!

Javaが難しいと言われる4つの原因とは?

この記事の想定読者

  • なんでJavaは難しいと言われているのか知りたい
  • Javaを学習中だけど難しすぎて挫折しそう...
  • これから学習するプログラミング言語をリサーチ中

数あるプログラミング言語の中で、特にJavaは習得するのが難しい言語と言われています。

ユウマ
僕は過去にWebシステム開発のJavaエンジニアとして活動していた時期がありますが、確かに他言語と比較すると難しいと感じました。

この記事では「なぜJavaは難しいと言われるのか?」という点にフォーカスし、Javaを難しく感じる原因について。そして、Java学習の挫折を防ぐ方法について自身の経験をベースに解説していきます。

今現在Javaを学習中の方も、これから学習する言語を選んでいる最中の方も、ぜひこの記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

それでは早速、見ていきましょう!

なぜJavaは難しいのか?Javaが難しいと言われる4つの原因

コードの記述量が他言語と比べて多い

Javaは、他言語と比べてコードの記述量がとても多いです。

一例として、JavaとRubyで「Hello World」を標準出力させるためのコードを比較してみましょう。

Javaの標準出力

import java.util.*;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World");
    }
}

Rubyの標準出力

print("Hello World")

上記2つのコードを見比べていただくと、単純に文字列を出力するだけでも記述量が大幅に変わることが分かります。

ユウマ
今回比較しやすいように記述量の少ないRubyを選びましたが、それでもやはりJavaの記述量は多いですね。

「記述量が多い = 覚える量も多くなる」ので、単純にコードの記述量が多いということは、Javaの難易度を引き上げる1つの要因でしょう。

解説記事を読み解くのが難解

公式リファレンスを含め、個人ブログやメディアなどで公開されている、Javaの解説記事を読み解くのが難解という点が挙げられます。

ユウマ
これは、Javaの記述量が多いという点にも関わってきます。

読み解くのが難解な理由としては「コードの記述量が多いため、解説文がどうしても長くなってしまうから」です。

例えば前項で挙げた標準出力のコードを解説するだけでも、Rubyでは「print()」のみ解説すれば済むのに対し、Javaの場合は以下の項目を解説しなければいけません。

Javaの標準出力で解説する項目

  • java.utilパッケージのインポートについて
  • Mainクラスとmainメソッドについて
  • System.out.println()について
ユウマ
プログラミング初心者の場合1つのことを理解するのも大変なのに、一度に多くのことを読み解かなければならないJavaは、非常に難しく感じてしまいますね。

フレームワーク習得の難易度も高い

Javaの難易度が難しいと言われる一方、Javaのフレームワークは更に学習難易度が跳ね上がります。

代表的なJavaのフレームワークとしては、以下が挙げられます。

Javaフレームワーク一例

  • Spring Framework
  • Apache Struts
  • SAStruts(Super Agile Struts)
  • Play Framework

どのフレームワークを選んだとしても、元となっているJavaが難しいことから必然的にフレームワークの難易度も高くなっています。

ユウマ
僕がJavaエンジニアとして活動していた時期は、Spring Bootというフレームワークを使用していましたが、使用経験のあるRubyやPHPのフレームワークと比べると理解するのに非常に苦労しました。

学習コストが非常に高い

ここまで解説した内容からも分かる通り、Javaは他言語と比べて難易度が高いため、スキル習得までの学習期間も長くなります。

つまり「学習コストが非常に高い」ということです。

プログラミング初心者の場合、学習をスムーズに進められるか否かは、挫折率に関わる非常に重要なポイントとなってくるでしょう。

もし今現在Javaを学習し始めたばかりで既に挫折しそうな方は、RubyやPHPなどの比較的初心者でも習得しやすい言語に切り替えて学習することをオススメします。

ユウマ
しかし「学習コストが掛かるとしてもJavaのスキルが習得したい!」という方も中にはいるでしょう。ここから先は難しいJava学習の挫折を防ぐ方法を解説していきます。

難しいJava学習の挫折を防ぐ方法を解説

学習の入り口は「Progate」一択!

Progate
画像出典元:Progate

Javaの学習を行う場合、利用する教材選びが非常に重要となります。

そこで、初心者に最もオススメかつJava学習の入り口として選んでいただきたいのが、オンラインプログラミング学習サービスの「Progate」です。

ユウマ
プログラミング学習のための教材(サービス)は非常に様々なものがありますが、初めに利用するならProgate一択で間違いありません。

Progateはゲーム感覚のステップアップ形式で学習が進むため、初心者でも分かりやすく、そして楽しくJavaスキルを身につけることができます。

そして何よりProgate上でコードが動くため、難しい環境構築無しに、ネット環境さえあればどこでも学習できるのが大きな強みです。

Javaは全部で7レッスンあり、Javaの基礎は十分に身につけることができます。

Progate Javaコース
Progate Javaコース

ユウマ
僕も過去にProgateのJavaコースを全て終わらせましたが、やはり他のどの教材よりも分かりやすく非常に為になりました。

Udemyなどの動画講座を参考に学習

Udemyドットインストールなどの、動画でプログラミングを学習できるコンテンツもオススメです。

僕がプログラミングを始めたばかりの頃は、

  1. Progateで基礎を学習
  2. Udemyで応用・実践部分を学習

上記の学習の流れが鉄板でした。

ユウマ
Udemyは今でも頻繁に利用しています。

Udemyやドットインストールでは、動画を見つつ実際に手を動かしてコードを書く学習スタイルになるので、案外記憶に残りやすいのもメリットです。

ProgateでJavaの基礎を叩き込んだ後は、動画教材を活用して更なる学習を進めていくと良いでしょう。

復習及び基礎を固めるために書籍を活用

大前提として「学習 = 書籍でするもの」と捉えている人は注意してください。

確かに学習において、書籍を活用することは非常に重要です。しかしプログラミング初心者の方が、書籍から学習するのは良い選択肢とは言えないでしょう。

難しい専門用語やコードが羅列されている本を読み進めるのは、大抵の人にとって非常にストレスに感じるはずです。

初心者の場合「書籍はあくまでも学習の基礎を固める or 復習のために使うもの」と、頭に入れておきましょう。

ここまでの流れから書籍を使うタイミングを提案するなら、以下のようにProgateやUdemyで基礎 + 実践部分の全体像を学習し終えた後に、書籍で学習することをオススメします。

書籍を利用するタイミング

Progate → Udemy → 書籍

ちなみに書籍でJavaを学習したい場合は、以下の本が非常にオススメです。

この本ではJavaの基礎やオブジェクト指向とは何なのか?について、会話形式で分かりやすく解説しています。

ユウマ
特にオブジェクト指向については非常に分かりやすく、そして楽しさすら感じられるので、Java以外の言語を学習中の方にも是非読んでいただきたい1冊です。

プログラミングスクールを利用する

他の学習方法と比べてコストは掛かりますが、挫折を防ぎつつJavaスキルを効率的に習得したいのであれば、1つの良い選択と言えます。

第一に各スクールでは、初心者が最短でスキルを身につけらるようなカリキュラム構成が作られており、ステップアップ式で効率重視の学習を行うことができます。

次に、学習につまづいた際に人に聞ける環境(メンターの存在)があるという点が、初心者にとって非常に大きなメリットでしょう。

ユウマ
以下の記事で、無料体験を受けることができるプログラミングスクールを紹介しているので、1度無料体験を受けてから判断してみるのもアリですね。
PROGRAMMING SCHOOL
【無料体験あり】おすすめプログラミングスクール6社を徹底比較!

プログラミングが注目される様になってから、エンジニアではない人(もはやIT関連の職業でもない人)が、プログラミングスクー ...

続きを見る

最後に

この記事では、Javaが難しいと言われる4つの原因について。そしてJava学習の挫折を防ぐ方法についてを解説しました。

Javaは他言語と比べると、どうしても難易度が高く感じてしまう言語の1つです。

難易度の高さは初心者にとってデメリットになりますが、逆にJavaを経験しておくと他言語の習得が容易になるのも事実です。

これからJavaを学習する or 既にしている方は、習得難易度の高さにめげず一歩一歩着実に学習を進めていきましょう。

あわせて読みたい

RubyからJavaの学習で苦労したこと
Rubyを学習して転職後、Javaを扱うことになり苦労したこと

ユウマこんにちは、ユウマ(@yuuuma_11)です。 僕は「テックキャンプ」でRubyを学んだ後、エンジニアとしての転 ...

続きを見る

-Java

© 2021 ユウマのブログ