無条件で1,500円分の
Amazonギフト券が貰えるって本当!?

生活&趣味

BIZcomfort(ビズコンフォート)を利用者が徹底レビュー!評判・口コミまとめ

コスパ最強のコワーキングスペース

この記事の想定読者

  • ビズコンフォート利用者のリアルな声を聞きたい
  • ビズコンフォートが近所に新しくOPENして気になっている
  • ビズコンフォートはどんな人にオススメなの?

BIZcomfort(ビズコンフォート)は、現在全国的に97拠点※の店舗展開をしているコワーキングスペースです。
※2021年9月20日現在

今でも現在進行形で店舗数を拡大しているので、近所にビズコンフォートができて気になっている!という方も多いのではないでしょうか?

ユウマ
ちなみに筆者の僕も、近所にビズコンフォートが新しくOPENして、真っ先に契約しました。

近年急増しているテレワークの需要に合わせて、今では多くの企業がコワーキングスペースを展開していますが、中でもビズコンフォートはコスパに特化しています。

この記事では現在利用を検討している方のために、ビズコンフォートのメリットやデメリットを、利用者である僕が徹底レビューしていきたいと思います。

ユウマ
ぜひ検討材料の1つにしていただければ幸いです。

\ コスパ最強のコワーキングスペース/

BIZcomfort(ビズコンフォート) 公式HP

特別キャンペーン開催中の拠点あり

BIZcomfort(ビズコンフォート)の各プランと利用料金

BIZcomfort
コワーキングスペース:BIZcomfort

冒頭でもお伝えした通り、ビズコンフォートは全国展開を行っているコワーキングスペースです。

東京・大阪をはじめ、地方への店舗展開もどんどん進んでいます。

利用料金は他のコワーキングサービスと比べると割安で、例えば土日祝日のみの利用であれば、月額2,200円(税込)〜とかなり良心的な価格設定となっています。

ビズコンフォートの各プランと利用料金は、以下の通りです。

ビズコンフォート利用料金(税込)

  • 入会金:11,000円
  • 固定席プラン:月額22,000円〜
  • 全拠点プラン:月額19.800円
  • 全日プラン:月額5,500円〜
  • 土日祝プラン:月額2,200円〜
  • ライトプラン(従量課金制):月額2,200円〜
  • 法人プラン:月額19.800円〜
  • 千葉プラン:月額15,400円
  • 横浜湘南プラン:月額17,600円
  • 東海プラン:月額15,400円
  • 関西プラン:月額16,500円

新しくできた拠点では、入会金無料や月額料金の永年割引といった、特別キャンペーンが行われていることがあるので要チェックです。

ユウマ
従量課金制のプランも用意されているので、頻繁に利用しない方でもお得に利用できるのが嬉しいですよね。

BIZcomfort(ビズコンフォート)のサービス内容

BIZcomfortサービス内容
BIZcomfortの無料サービス内容

ビズコンフォートで提供される、主なサービス内容は以下の通りです。

ビズコンフォートのサービス内容

  • 土日祝日問わず24時間365日いつでも利用可能
  • 高速なWiFi環境と複数のアクセスポイントを完備
  • ウォーターサーバーをはじめ、コーヒーや各種飲料がフリードリンクで飲み放題
  • SECOM導入による万全のセキュリティ対策
  • 各席にコンセントが常備されている
  • プリンター完備で資料のコピーやプリントが無料利用可能
  • 登記・ポスト・ロッカーなどの有料オプションもあり
ユウマ
利用料金が割安なのにも関わらず、これだけのサービス内容が揃っているのはコスパ最強ですよね。

それでは上記に挙げた各サービス内容を、それぞれ順番に見ていきましょう!

土日祝日問わず24時間365日いつでも利用可能

ビズコンフォートは土日祝日問わず、24時間365日利用可能なコワーキングスペースです。

この「24時間365日利用可能」というコワーキングスペースは、ビズコンフォート以外にも存在しますが、どこも利用料金が割高に設定されていることが多いです。

ビズコンフォートでは、毎日使い放題の全日プランでも月5,500円(税込)〜利用できるため、とても魅力的な価格設定となっています。

高速なWiFi環境と複数のアクセスポイントを完備

全拠点に高速なWiFi環境を完備しており、混雑時対策で複数のアクセスポイントが用意されています。

どこのコワーキングスペースでもWiFiがあるのは当たり前ですが、通信速度が遅いところもあったりしますよね。

ビズコンフォートでは混雑時のこともしっかり考えているので、安定したネット環境で作業を行うことができます。

ウォーターサーバーをはじめ、コーヒーや各種飲料がフリードリンクで飲み放題

フリードリンクが用意されていて、好きなだけ飲むことができるので、飲料に掛かる出費を抑えることができます。

作業目的でカフェへ向かう場合、コーヒー1杯300〜500円程掛かってしまいますが、ビズコンフォートであれば飲料に掛かる出費は0円。

作業に集中したい時、あるいは眠気を覚ましたい時なんかに、いつでもコーヒーが飲めるのは嬉しいポイントですね。

SECOM導入による万全のセキュリティ対策

セキュリティ対策を行うため、各拠点の入り口にはSECOM社の入退室管理システムが導入されています。

また建物内には防犯カメラが設置されているため、荷物の盗難等を心配することなく、安心して利用することができるのです。

入退室管理システム+拠点内の防犯カメラで、防犯対策はバッチリですね。

各席にコンセントが常備されている

拠点内の各席には、2口コンセントが常備されています。

どの席に座っても各種機器を充電できるため、コンセントの有無にとらわれて座席選びをする必要はありません。

混雑時に「空いている席にコンセントが無い...!」という状況はあり得ないので、席確保の為に入室の時間を調整する必要もないでしょう。

プリンター完備で資料等の印刷が無料利用可能

拠点内にはプリンターが完備されており、誰でも自由に利用することができます。

業種や作業内容によっては、プリンターを頻繁に利用する人も多いと思います。

ビズコンフォートであれば、コンビニなどに出向かずとも、その場で印刷対応できるので非常に楽ですね。

登記・ポスト・ロッカーなどの有料オプションもあり

BIZcomfortの有料サービス内容BIZcomfortの有料サービス内容

ビズコンフォートでは無料提供サービスの他に、有料のオプションサービスも存在します。

オプションサービスの内容は以下の通りです。

ビズコンフォートの有料オプション

  • 登記サービス:月額3,300円
  • 郵便ポストサービス:月額2,200円
  • ロッカーサービス:月額2,200円〜
  • 会議室利用:100円〜 / 15分
  • 複合機利用:10円〜50円 / 1枚

ヘビーユーザー向けのロッカーや郵便ポストサービスをはじめ、+aで便利にビスコンフォートを利用したい方向けに、各種オプションが用意されています。

BIZcomfort(ビズコンフォート)を実際に利用して感じたメリット

他社サービスと比較にならない程の圧倒的コスパ!

まず何よりも先に感じたメリットは、とにかくコスパが高すぎる!ということです。

24時間365日利用可能な他のコワーキングスペースを調べると、大体安くても15,000円〜くらいの価格帯が多いです。

ビズコンフォートでは、24時間365日利用可能 + 広々した綺麗で快適な環境 + 必要充分な無料サービスもコミコミで、最低月額5,500円〜というから驚きです。

ユウマ
ビズコンフォートのコスパの高さには、どこも勝てないんじゃないかと思っています。それくらい破格の価格設定です...!w

24時間365日利用可能なのでいつでも好きなだけ作業に集中できる

好きな時に好きなだけ作業できる。これはコワーキングスペースを利用する上では、大きなメリットだと言えます。

普段の仕事で使えるのはもちろん、仕事終わりに立ち寄って副業の場として使ったり、オールで作業に没頭することだってできるから嬉しいです。

その上各拠点の内装はとても綺麗なので、作業に対するモチベーションの向上にも繋がり、実際に生産性もかなり上がったなと実感しました。

ユウマ
僕が契約した拠点はキャンペーン適用で月額11,000円なのですが、無制限に利用できてこの価格と考えると、費用対効果は抜群だなとしみじみ思います。

利用用途に応じてブースの使い分けが可能

ビズコンフォートでは、利用目的別に「ブース」という形で拠点内のスペースが分けられています。

例えば、静かな環境で集中したいならサイレントブース。周りを気にせず通話・Web会議をしたいならテレフォンブース。といった感じです。

拠点内で用意されているブースの種類は、以下の4種類です。

ビズコンフォートの各種ブース

  • カフェブース:食事を取りながら作業する時に使う
  • ワークブース:作業に集中するために使う
  • サイレントブース:とにかく静かな環境で作業する時に使う
  • テレフォンブース:周りを気にせずWeb会議や通話を行いたい時に使う

各席にはNG事項が記載された案内が置いてあるので、ブースの住み分けがイマイチ分からない方でも、この案内を確認すれば理解できるかと思います。

ブースの案内ブースの案内

ユウマ
利用目的に応じてしっかり住み分けできているのは、利用者にとってありがたいことですよね。

満席にならないよう契約者数を制限しいるため席が埋まることがない

ビズコンフォートでは、拠点内の座席数を越える契約者数にならないように、満員になった時点で新規申込み受付を中止しています。

そのため、いついかなる時でも、座席が全て埋まっているという状態にはなりません。

ユウマ
「今日は土日だから、もしかしたら席が埋まってるんじゃ...」なんて余計な心配をする必要がないので、いつでも快適に過ごすことができています。

万全なセキュリティ対策が施されているため安心して利用できる

ビズコンフォート内では防犯対策がバッチリなので、堂々と荷物を置いたまま席を立つことができます。

ユウマ
カフェで作業していてトイレで席を立つ時なんかは、いちいち貴重品を持ち歩かないと不安で仕方ありませんが、ビズコンフォートであればその心配がないので楽です。

万が一拠点内で盗難等が発生した場合でも、入退室管理システムによって、利用者の情報は常に管理されているので即特定されることでしょう。

いつでもWeb上から解約可能で、再入会時は入会金が掛からないのもGood!

仮に解約したい場合は、いつでも簡単にWeb上から解約申請を行うことができます。

基本的に解約申請を行った翌月付けで解約となるので、契約期間の縛りがないのも嬉しいです。

ユウマ
ちなみに再入会する際には、カードキーを保管しておくことで入会金免除になるので、万が一再入会する時のことも考えてカードキーは保管しておきましょう。

BIZcomfort(ビズコンフォート)を実際に利用して感じたデメリット

割安物件に拠点を構えていることが多い

ビズコンフォートは、利用料金の安さの理由の1つとして、割安物件に拠点を構えているという点が挙げられます。

この点については、ビズコンフォートHP内でも「空室再生オフィス」を目指しているとの記載がありました。

空室再生オフィス
環境とお財布に優しい空室再生オフィス

空室状況が続くような割安物件に拠点を構えることで、大幅なコストカットを実現していることが分かります。

実際に各拠点の住所を調べてみると、外観が古めかしいビルであったり、少々猥雑なエリアに拠点を構えていたりするんですよね。

ユウマ
僕が契約したビズコンフォート拠点も、夜はキャッチが大勢いるようなエリアで、夜の時間帯に出入りすると声を掛けられてしまうことも...。

ただ外観がどんなに古臭いビルであっても、建物内はどの拠点も素晴らしく綺麗なので、大きな問題(デメリット)ではないですね。

全席オープン席のため周りが多少気になることも

ビズコンフォートは全席オープン席のため、マナーの悪い利用客がいた場合、気になってしょうがない...ということも起こり得ます。

しかし仕切りのあるブースや、静かに作業するためのサイレントブースなども用意されているので、周囲の状況に左右されやすい人でもり作業に集中できるでしょう。

ユウマ
どうしても個室が良いという方は、ビズコンフォートの姉妹ブランドで、レンタルオフィスを提供する「BIZcircle(ビズサークル)」の契約を検討するのもアリですね。

BIZcomfort(ビズコンフォート)利用者の評判・口コミ

適切な空調管理により快適に作業できる

ユウマ
拠点内はいくつもの空調設備が配置されているため、どこの座席に座っても快適な状態で作業可能です。コワーキングスペースの中には、空調が弱かった強すぎたりするような場所もあるので、しっかり室温管理されているのはGoodですよね。

モニター付きの席もあって作業が捗る

ユウマ
拠点内の一部のブースには、モニター付きの座席が用意されています。僕自身も、エンジニアという仕事柄2画面で作業することが多いので、いつもモニター付きの席を利用しています!

サービス内容に対してコスパが良すぎる

ユウマ
充実したサービス内容と、万全のセキュリティ対策。そして24時間365日利用可能ときて、この驚きの低価格。誇大表現みたいになってしまって申し訳ないのですが、心の底からコスパ最強と断言できる。ビズコンフォートはそんなコワーキングスペースなのです。

BIZcomfort(ビズコンフォート)の契約手順

1. Webから内覧予約を行う

ビズコンフォートを利用するためには、ライトプランを除いて事前内覧が必須となっています。

まずはビズコンフォートのHPへアクセスし、HP内の内覧予約ページから内覧の予約を行いましょう。

2. 担当スタッフの案内のもと現地で内覧

Webからの内覧予約後、予約フォームに記入したメールアドレス宛に、担当スタッフから予約確定のメールが届きます。

当日は担当スタッフと拠点のエントランスで待ち合わせを行い、建物内を案内してもらう形です。

ユウマ
僕が内覧に行った時は、人当たりの良さそうな男性スタッフが丁寧に案内してくれました!

内覧中は、建物内の設備や各ブースについての説明を聞き、最後にこちら側の質疑応答の時間挟んでいただき内覧終了となります。

終了後はビズコンフォートの資料を渡され、エントランスまでお見送りしていただき建物を後にします。

契約させるための営業トーク等は一切ないので、安心して内覧に望むことができますよ。

ユウマ
ちなみに僕の場合は、10分程度で内覧を終えました。

3. Webから仮申込みを行う

内覧後はビズコンフォートHPの新規申込みページより、契約の仮申込みを行います。

仮申込み時には、内覧時に案内してくれた担当スタッフの名前を記入する欄があるので、スタッフの名前を思い出して記入しましょう。

ユウマ
もし担当スタッフの名前を忘れてしまった場合は、内覧予約確定メールに名前が記載されているので、メールを読み返して記入すればOKです。

仮申込みを完了すると、入力内容や身分証の内容に不備がないかの確認及び審査が行われます。

4. 審査後Web上で会員登録及び初期費用の支払いを行う

審査が完了すると、審査完了の旨を通知するメールが届きます。

メール内にはWeb上で本登録を行うためのURLが記載されているので、URL先から会員登録を行います。

ユウマ
ちなみに利用開始希望日は選ぶことができるため、登録後すぐに利用しない方でも、無駄な出費を抑えることができますよ!

登録を済ませるには、初期費用(入会金 + 当月日割り分 + 翌月分)を支払う必要があるので、クレジットまたはコンビニ決済で支払いを済ませましょう。

翌月以降の月額料金の引き落とし先については、クレジットまたは口座振替の2つから選ぶことができます。

5. カードキー到着後、事前指定した希望日より利用開始

会員登録(契約)が完了すると、数日後に建物内へ入るためのカードキーが自宅住所へ届きます。

ユウマ
事前に指定した利用開始日になったら拠点へ向かい、思う存分ビズコンフォートでの作業を楽しみましょう!

ちなみに拠点への入退室時には、カードキーが必須となるので、首からかけられるカードホルダー等を用意しておくと便利でしょう。

ユウマ
僕もカードホルダーを利用していますが、何度もカードキーを取り出す手間が省けるので非常に楽になりますよ!

【まとめ】BIZcomfort(ビズコンフォート)はこんな人にオススメ!

この記事では、コワーキングスペースを提供するBIZcomfort(ビズコンフォート)について、利用者である僕のレビューをメインに解説をさせていただきました。

自宅では思うように進まないテレワーク作業も、快適なコワーキングスペースを利用することで生産性が何倍にも跳ね上がります。

ビズコンフォートは、とにかくコスパに優れたお勧めのコワーキングスペースです。

気になっているという方は、ぜひ一度拠点の内覧をしてみて、ビズコンフォートの良さをご自身の目で確かめてみることをオススメします!

\ コスパ最強のコワーキングスペース/

ビズコンフォートの内覧を申込む

特別キャンペーン開催中の拠点あり

\ プログラミングスクール厳選ランキング /

プログラミングスクール厳選ランキングTOP10!

プログラミングスキルを身につけるべく、スクール受講を検討している方に向けて、数多く存在するスクールの中から厳選した10社をランキング形式でご紹介!無料体験を受講することで、誰でも1,500円分のAamazonギフト券が貰えるお得なキャンペーンも実施しているので、ぜひこの機会を逃さずにチェックしてくださいね!

今スグ詳細をチェックする

-生活&趣味

© 2021 ユウマのブログ