〜 無料体験可能なプログラミングスクールはコチラ 〜

その他

上司のパワハラが辛い…と悩む人が今スグ行うべき3つの対処法

辛いパワハラへの対処法
会社に出社する度に上司のパワハラを受けてしまう...。辛くて辛くてしょうがない...。
考える人
ユウマ
その悩みに対する対処法を解説します!

どのような会社においても存在している可能性がある、「パワハラ上司」の存在。

折角仕事が楽しくても、日常的にパワハラを行う上司のせいで精神的に追い込まれ、会社に行くことが億劫になっているという方は多くいるでしょう。

ユウマ
僕自身も、後述する「パワハラに当たる6類型」の全てを受けた経験があるので、パワハラに悩む人の気持ちが痛いほど分かります...。

当記事では、「上司のパワハラが辛い...」と悩む方に向けて、その悩みの対処法を3つご紹介・ご提案させていただきます。

ユウマ
個人個人の考え方があるので、絶対にこれをやれば解決するよ!と強く断定することはしませんが、この記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。

パワハラの定義とは?パワハラに当たる6類型

パワハラの定義とは?パワハラに当たる6類型

そもそもの話ですが、パワハラ(パワーハラスメント)の定義とは一体何なのでしょうか?

ユウマ
もしかすると、あなたが普段パワハラだと感じていない上司の行動も、パワハラに当てはまっている可能性があります。

パワハラに分類される行動とそうでない行動について、厚生労働省の資料を元に、まずはパワハラに当たる6類型について解説していきます。

身体的な攻撃

パワハラに当たる

上司が部下に対して殴る・蹴るなど物理的に攻撃を加えること。叩かれる・ビンタされるなんかも、もちろん身体的な攻撃に当てはまる。

パワハラとはみなされない

業務上関係のないことかつ、同じ地位に値する同僚間の喧嘩の場合は、パワハラにはなりません。

精神的な攻撃

パワハラに当たる

上司が部下に対して、人格を否定するような発言を行う。

パワハラとはみなされない

何度注意しても社会的ルールやマナーに欠ける行動を繰り返し行う部下に対して、上司が強く注意する。

人間関係からの切り離し

パワハラに当たる

気に入らない社員に対して仕事を外させ、別室に隔離したり、自宅研修させたりする。単純に気に入らないという理由で仲間外れにされること。

パワハラとはみなされない

育成・教育目的で短期的に別室に隔離するなどの処置を取る。

過大な要求

パワハラに当たる

上司が部下に対して、勤務内容に関わりなく肉体・精神的に辛い業務を押し付ける。明らかに達成不可能なノルマを課すことも過大な要求に当たる。

パワハラとはみなされない

社員の育成目的で、現状よりも少しレベルの高い業務を振り分ける

過小な要求

パワハラに当たる

誰でも遂行可能なレベルの低い業務を永遠に行わせる。

パワハラとはみなされない

経営上の理由(仕事が少ない)などの理由で一時的にレベル感の低い作業を与える

個の侵害

パワハラに当たる

業務には関係のないプライベートな内容にまで踏み込んでくる。

パワハラとはみなされない

社員への配慮を目的として家族・家庭などの状況をヒアリングする

上司のパワハラが辛いと悩む人が今スグ行うべき3つの対処法

上司のパワハラが辛いと悩む人が今スグ行うべき3つの対処法

パワハラを辞めさせてやり返しもできる方法は、パワハラの証拠を集めて他の上司や社長を味方につける、もしくはパワハラ上司を訴えて徹底的に戦うことです。

しかしパワハラに悩む方の大半は、自ら大きく改善のためのアクションを行うことは難しいのではないか?と考えています。

もっと具体的に言うと、パワハラを受ける多くの人はHSP(Highly Sensitive Person)に当たる可能性が高いです。

HSPとは「感受性がとても強く繊細な気質の人」のことで、相手に意見にひたすら合わせたり、嫌なことを嫌だとハッキリ言えない人のことを指します。

HSP = 感受性がとても強く繊細な気質の人

最近「繊細さんの本」という書籍でHSPが話題になり、自分はHSPだったのか!と共感する人が続出しています。気になる方はぜひ読んでみることをオススメします。

ユウマ
あ、ちなみに僕もHSPの一人です...!

そのため、ここからご提案する3つの対処法は、HSPの人でも行えるアクションプランのみに絞りました。

1つずつ順番に見ていきましょう。

好かれるように行動してみる

この対処法は上司のパワハラが軽度な場合で、上司との関係性がリカバリーできる見込みがある場合に限ります。

心の底では「クソやろう!!」と考えていたとしても、決して外面には出さず、毎日笑顔で上司に接してみましょう。

毎朝相手の目を見ながら「◯◯さん、おはようございます!」と名前を含めて笑顔で挨拶するのは効果的です。

実際、パワハラ相談があった職場で最も多い社内環境は「上司と部下のコミュニケーションが少ない」と言われており、上司との信頼関係値が不足しているせいで、パワハラに繋がっている可能性もあります。

ユウマ
もちろん理由はどうあれ、パワハラを行う人は頭に問題アリです。

積極的にパワハラを行う上司に対して、こちらから好意的なコミニュケーションを行うことで、信頼関係を構築してみましょう。

スキルを身につける為だと割り切って仕事をこなす

スキルを身につける為、経験を積む為だと割り切って仕事をこなすことも、1つの手段です。

どれだけパワハラが辛く上司にムカついていても、その会社で得られるスキルが今後に大きく活かせるのであれば、考え方を変える努力をしてみましょう。
※ちなみに精神的に限界を迎えている場合は、早急に退職するべきです。

簡単に考え方を変える方法として、下記の本を読むことを強くオススメします。

ユウマ
累計60万部突破のベストセラー本で、仕事に限らず人生そのものの考え方を変えさせてくれる1冊です。

早急に退職・転職する

このままじゃ無理。精神的に限界を迎えている。という場合は、早急に会社を退職し転職しましょう。

正直、パワハラを受けてでも会社に残りたいという理由が特にないのであれば、退職・転職がパワハラから確実に開放される一番の対処法です。

人間精神的に辛い状態が続くと、驚く程視野が狭まりまり思考停止状態に陥ってしまいます。

パワハラを理由に退職しても、あなたは全く悪くありません。パワハラを行った上司、それを見過ごしていた会社が100%悪いのです。

仕事においても人間関係においても、あなたにピッタリな会社は必ず存在します。転職してパワハラの辛さから開放されましょう。

退職を言い出せない、言い出しても引き止められる場合は...

  • 退職を決意したけれど上司や社長に言い出すことができない...
  • 退職届を提出したけれど突っぱねらて退職を拒否された...

会社を退職しようと試みると、上記の悩み・問題に当たってしまう人が確実に存在します。

自分から会社に伝えて何事もなく円満に退職するのが一番ですが、現実そう上手くはいかないものです。

退職したいのに退職できない。そんな時は「退職代行サービス」を利用しましょう。

退職代行サービスを行う会社は何社か存在していますが、その中でも「退職代行NEXT」がオススメです。

退職代行NEXTでは「24時間即日対応」しており、申し込んだその日に即日退職を行うことができます。

朝起きて「今日からもう会社には行きたくない...」と考えたその日・その時点から、会社へは一切連絡せず出社する必要がなくなるので、面倒なことを何も考えずに退職することができますよ。

\ 即日退社可能!面倒なやり取り一切ナシ! /

今すぐ会社を退職する

弁護士事務所のサポート・給与未払い対応アリ

最後に

当記事では、辛いパワハラに対する3つの対処法を解説しました。

今のあなたの精神的にまだ余裕があったとしても、知らず知らずのうちに精神は蝕まれ、やがて鬱などの病気に発展してしまう可能性があります。

辛いパワハラには早急な対処が必要です。難しいことは考えず、1日でも早く退職・転職を実行しましょう。

ユウマ
あなたが上司の辛いパワハラから、1日でも早く逃れられることを祈っています。

-その他

© 2021 ユウマのブログ